Blog

2018/07/25

グーフィス錠5mg(持田製薬株式会社)

テーマ:勉強会memo

【担当】かいてき調剤薬局 六軒家店
平成30年7月11日
【講師】持田製薬株式会社
一般名:一般名:エロビキシバット

<便秘症>
・便秘の方は腸の蠕動運動が1回/日程度(通常6回程度)
・結腸の感覚が全体の3割の方が鈍っているため便意を催さない。
・胆汁酸の量が少ない
・大腸がんとの関連性なし

<胆汁酸の役割>
・結腸の蠕動運動の促進
・水分分泌
・直腸の感受性アップ
・動物実験で発がん性の可能性を指摘されたが、人間の臨床データにおいて直腸ガンとの関連性は否定的。むしろ減少傾向あり。

<グーフィスの効能・効果等>
・世界初の胆汁酸トランスポーター阻害により胆汁酸の再吸収を抑制。大腸内の胆汁酸の量を増加させることで効果発現。
・通常1日1回10mg(2錠)食前投与。
食後投与では薬の効果が出るころには既に小腸から胆汁酸の再吸収が終わっており、効果が十分発揮できない。
・胆汁酸の再吸収阻害作用は全体の3割程度。
・朝食前投与で昼ごろの排便
・一年間の服用データにより9割以上の方が満足。
・一番多い副作用である腹痛は軽微なもの。

page top